今話題の認知症予防サプリメント

認知症にプラズマローゲンは効くのか?

プラズマローゲンが認知症の改善に効果があると、テレビで取り上げられて大変話題となっています。

 


でも本当に認知症の人が、プラズマローゲンを飲んで効果があったのでしょうか?
それについて、報道機関に発表された記事があったので紹介します。

 

アルツハイマー病患者の血中 Pls 動態に関する研究および Pls 含有食品の認知機能改善効果−単盲検試験−福岡大学医学部神経内科 助教 合馬 慎二


60 歳以上の軽度もしくは中等度のアルツハイマー病患者 40 例を対象に鶏の胸肉より抽出された Pls(プラズマローゲン) 含有食品(ドリンク)を用い、6 ヶ月間の服用及び服用後の後観察を行った。
プラズマローゲンを 6 ヶ月間服用者で、統計的に有意に認知機能が改善した
プラセボ(偽薬)服用者は改善しなかった。
今回初めて世界に公開、医学ジャーナルに投稿準備中。

 

プラズマローゲンの基礎と臨床 −アルツハイマー病に対する有効性−報道機関発表資料より一部抜粋)

なるほど、40症例と少ないですが効果が確認された、と大学の助教授が言っているのですから、これは信頼できそうです。
しかも、現在400例に増やして更に臨床試験を実施してる、とのことです。

 

 



 

そもそもプラズマローゲンってなに?

そもそもプラズマローゲンとは何でしょうか?
プラズマローゲンはリン脂質の一つです。

リン脂質は細胞の抗酸化やイオン輸送に重要な役割を果たします。
つまり脳の若さと関係しているのです。

でも、ストレスを受けたり、年をとるとこの量が減ってきてしまうことがわかっています。
なので、プラズマローゲンを補うことで脳細胞の酸化、脳疲労を防ぐことができます。

 

また、プラズマローゲンは、脳の老化の原因であるアミロイドβタンパク質沈着(老人斑の形成)を抑制することがわかっています。
つまり、認知症予防の効果が期待出来る、と言うのです。

 

 

 

 

>>プラズマローゲンの公式サイトで詳細を確認する<<

 

 

 

70代の母がプラズマローゲンを1か月飲んだ結果と感想

70代の母は過去にホスファチジルコリン(エグノリジンS)を飲んでいましたが、残念ながらあまり効果を感じられませんでした。

その為、認知症の予防と改善に効果があるというプラズマローゲンも発売当初は本当かな?と半信半疑でした。

でも最近物忘れがひどくなっていると感じていたので、物は試しだ!思い切って買ってみました。

 

 

とりあえず1か月分買ってみて母親に感想を聞いて見たところ、、、、、

 

認知症予防にやっている100引く7が割とスムーズにできるようになった。
挨拶した後、名前が出てこなかったのがスムーズに出るようになった。
4つ以上物を買い物しようとすると、メモが必要だったのが大丈夫になった。
以前よりも頭がスッキリした感じがする

 

こんな高いものを買ったんだから効果がないわけがない!」という思い込みもあるのかもしれませんが、何より効果を実感できたとのことで良かったです。
あと、始めの1週間程度は飲んでも効果は感じられず、
2週間くらいから頭がスッキリした感じになって、あれ?効いてきたのかな?と思うようになったそうです。

いつもちょっとしたことで「認知症になったらどうしよう」、と心の中で思っていたのでそのストレスが軽減されて良かったと話していました。

 

 

正直もっと安くして欲しいのですが、また元に戻ると嫌なので続けます。

 

プラズマローゲンを飲み忘れない為に

物忘れをなくすために買ったはずなのに、飲むことを忘れてしまうことがありました。
そこで母は、血圧の薬を朝と夕食後に飲んでいるのですが、それと一緒にプラズマローゲンを朝一粒、夕方一粒飲むようにしました。
血圧の薬は既に習慣になっているので、同じ場所に置いておけば飲み忘れることがなくなりました。

 

 

 

>>最大20%OFF!プラズマローゲンの購入はこちら<<

 

プラズマローゲンの驚くべき臨床試験結果が動画で報告されています。

プラズマローゲンの驚くべき臨床試験結果が動画で報告されています。

 

 

 

動画の20:42から臨床試験についての動画が流れています。
この試験は食品化したプラズママローゲン1mgを半年間40人に食べてもらう、というものです。

 

その結果、MMS検査(認知症検査)でなんと5割に顕著な改善がみられたと言うのです。
残りの5割も現状維持となりました。認知症は普通進行するものなので、現状維持でもスゴイことです。

 

 

また、記憶回復の他に感情の回復が見られたとして、2名の患者さんが出ています。
これは脳の海馬の回復だけでなく、感情をつかさどる前頭前野の改善にもプラズマローゲンが関与したと考えられます。


一人はアルツハイマー型認知症の88歳の女性です。
家族の証言によると、プラズマローゲンを摂取して1カ月で今まで読まなかった本をよく読むようになった。また、片づけをするようになった。と言うのです。


もう一人はレビー小体型認知症の81歳の女性です。
レビー小体型認知症の特徴として幻視がみえたりうつ症状が見られます。
ところが、2週間摂取したところ幻視が見えなくなり、顔に表情が出て診察する先生を気遣うことまで出来るようになったのです。(動画23:00〜)
にわかには信じがたいことですが、演技しているとも思えません。

 

この動画を見る限り、プラズマローゲンはかなり期待が持てそうですね。
私も1か月試してみて頭がスッキリした感じがします。

 

 

>>プラズマローゲンの公式サイトはこちら<<

 

 

認知症はもう不治の病ではない! 脳内プラズマローゲンが神経細胞を新生する

新品価格
¥1,512から
(2016/3/13 08:24時点)

 

プラズマローゲンの口コミはどうなの?

話題のプラズマローゲン、口コミを調べました。

 

その場で思い出せなくてもあとですぐに浮かんできます。安心した毎日です。

(60代男性 継続2カ月)

 

なんとなくスッキリ・快適な感じです。
クヨクヨせず前向きにプラス発想出来ていると思います。
10歳位く持ちが若返っている感じです。

(60代男性 継続7カ月)

 

摂っていると言うだけでなんだか気持ちが楽になりました。(不安がなくなりました。)

(60代男性 継続5カ月)

 

精神的に落ち着き目覚めが良く、体調全体が良くなりました。

(70代女性 継続5カ月)

 

まだ、販売されたばかりで口コミは多くありません。
今後も引き続き口コミを集めいてきます。

 

>>プラズマローゲンサプリメントの公式サイトはこちら<<

 

プラズマローゲンの最新臨床試験結果が新聞に掲載!

 

脂質の一種、認知症改善効果 臨床試験で九大など確認

 

 九州大などの研究チームは、生物の細胞膜に含まれる脂質の一種「プラズマローゲン」を食べ続けることで、認知症の一つであるアルツハイマー病の改善が期待できることを、臨床試験で確認したと明らかにした。
 チームは今回、東京都や大阪府など7都府県の計25医療施設で治療を受けている、軽いアルツハイマー病を抱えた60〜85歳の男女計98人を対象に臨床試験を実施
半数の患者には毎日、ホタテから抽出したプラズマローゲンを混ぜたゼリーを半年間食べてもらった。

 30点満点の記憶力テストでは、臨床試験開始前と比べて平均点が2.2点上昇
ゼリーを食べなかった患者らの平均点は0.4点増だった。
 プラズマローゲンは、人間をはじめさまざまな生物の体内でつくられているが、患者の血中では健常者よりも量が少ない。
マウス実験では症状の改善効果が確認できており、サプリメントも市販されている。

 藤野武彦・九大名誉教授(健康科学)は「今後、プラズマローゲンが症状を改善する仕組みを解明したい」としている。〔共同〕

 2016/12/2 日本経済新聞より

 

ちなみに、毎日新聞にも同様の記事が掲載されていました。

以前から、プラズマローゲンの大掛かりな臨床試験が行われていると伝えられていたが、いよいよその一端が明らかになりました。
記憶力テストの結果が明らかに改善されていることがわかりました。
2.2点の上昇を大きいと見るか、小さいと感じるかは人それぞれです。

でも、少しでも改善できるとわかったのなら、私は軽度のうちになんとかしたいと思います。

 

>>プラズマローゲンの公式サイトはこちら<<

 

 

 

 

認知症はもう不治の病ではない! 脳内プラズマローゲンが神経細胞を新生する

新品価格
¥1,512から
(2016/3/13 08:24時点)

 

プラズマローゲンはなぜ薬ではなくサプリメントなのか?

 認知症予防のサプリメントとして話題のプラズマローゲン。
でもちょっとした疑問が浮かびます。それは、、、、
認知症予防に効果があったのなら、なぜプラズマローゲンは医薬品にしなかったのでしょうか?

それについて、九州大学の名誉教授で、「脳疲労」理論をとき「プラズマローゲン」が認知症を改善・予防する効果があることを突き止めた藤野武彦理氏が新聞のインタビューに答えています。

 

プラズマローゲンは医薬品となるのですか?

新薬の開発には、日本では10年間、200億円かかると言われています。
そんなに時間がかかると、団塊の世代が認知症世代になった今、その対策として間に合いません
ですから、プラズマローゲンは、間もなくサプリメントとして実用化するつもりです。
その時は、医療機関での利用を中心にする事で、患者さんとその家族に対する的確な支援ができるのではないかと考えています。

 

なるほど、プラズマローゲンが医薬品ではなく、サプリメントである理由がわかりました
そうです。我々団塊の世代には時間があまりないのです。
これは切実です。もちろん安全性はしっかりと確認してもらわないと困りますが、有効であると確認されたのならば、速やかに使えるサプリメントは大変助かります。

 

 

>>プラズマローゲンサプリメントの公式サイトはこちら<<

 
トップページ プラズマローゲン公式ページはこちら 目次 運営者情報